【マイクラ】最新版でダイヤを掘るおすすめの高さ(深さ)や効率の良いブランチマイニングを解説【Minecraft】

2024年2月16日

マインクラフト(マイクラ)においてもっとも価値のある鉱石のひとつがダイヤモンド鉱石です。サバイバルモードではまず、ダイヤ(ダイヤモンド)の道具や装備を一通り揃えるのが目標となります。

この記事では、2023年9月のアップデート(Switchなど統合版は1.20.30、Java版は1.20.2)での変更にも対応した、最新のダイヤを採掘するのに適した高さ(深さ)や効率のよいブランチマイニングについて解説します。

スポンサーリンク

ダイヤ掘るおすすめの高さ(1.20.30/1.20.2最新版)

ダイヤは高さ-53を掘るべき理由

一番深いからおすすめ…ではない

ダイヤモンド鉱石は、オーバーワールドの高さ(Y座標)16以下で生成され、下に行けば行くほど生成される確率が高くなります。オーバーワールドであればバイオームは関係ありません。

では、深ければ深いほどダイヤ掘りの効率は上がるのかと言われると、そうではありません。掘るべき高さにはいくつかの考え方がありますが、私がおすすめしたいのは高さ-53です。

その理由を、マイクラで地下の地形がどのように生成されるかを紹介しながら解説します。

座標の見方が分からない人は、先に以下の記事を確認してください。


下5ブロックは岩盤

マイクラのオーバーワールドで、ブロックが生成される高さ(深さ)は-64までです。そのうち、下の5ブロックには岩盤が生成されます。岩盤は通常の手段では掘ることのできないブロックです。

高さ-64ではすべて岩盤で、高さ-60から-63は岩盤とダイヤモンド鉱石などが混ざっています。この高さでは、他のブロックは岩盤に上書きされるうえ、スムーズなブランチマイニングが難しいためおすすめできません。

マグマは高さ-55以下で多く生成

地下を採掘しているとマグマ(溶岩)に当たることがあります。マグマはあらゆるところに生成されますが、オーバーワールドでは特に、高さ-55以下の空間(洞窟)がマグマに置き換えられるため、マグマのエリアが多くなります。

マグマにぶつかると採掘が妨げられる上、一歩間違えれば死んでしまう危険もありますので、マグマが出やすい高さは避けてダイヤの採掘したほうがよいでしょう。

高さ-54は足元がマグマで危険

高さ-55以下にマグマが生成されるということは、高さ-54だと足元がマグマになります。これだとその都度ルートを変更する必要があったり、うっかり突っ込んでしまう可能性があったりするため、ややリスクが大きくなります。

ミスらない自信があれば-54がベストですが、高さが1違うくらいでダイヤの入手量が大きく変わるものでもないため、私は-53をおすすめします。

ダイヤを掘るおすすめの高さまとめ

ということで、足元がマグマになる高さ-54の、1マス上である高さ-53を掘っていくのが、ダイヤを掘る上では効率がよいと考えられます。以下がまとめです。

高さ-53:わりと安全で掘りやすい高さ
-54:足元がマグマ
-55~-63:マグマが生成されやすい
-60~-63:岩盤と通常ブロックが混ざって掘りにくい
-64:すべて岩盤

2023年9月のアップデートでダイヤを入手しやすく

Switchやスマホなど統合版1.20.30アップデート、Java版1.20.2において、高さ-4以下でのダイヤモンド鉱石の生成量が増えました。

具体的には、高さ-64から-4の間に、大きさ8の集塊(固まり)で1チャンクあたり2回生成が試みられます。このパターンでは、高さによる生成確率の違いはありません。

このアップデートによって、ダイヤモンド鉱石の生成量は増加しましたが、ダイヤを掘るべき高さに変更はありません。

なお、アップデート前に生成された場所でダイヤ掘りをしても入手量は変わりませんので、このアップデート以降に新しく読み込まれた場所でダイヤ掘りをしましょう。

ダイヤの入手方法・たくさん取れるテクニック

鉄のツルハシ以上が必要

ダイヤモンド鉱石からダイヤを入手するには、以下のツルハシのどれかが必要です。それ以外のツルハシや別の方法で掘ると、ダイヤモンドはドロップしません。

  • 鉄のツルハシ
  • ダイヤモンドのツルハシ
  • ネザライトのツルハシ

このうち、サバイバルを始めたばかりでも作れるのは鉄のツルハシです。素材が集まったら、少しずつグレードアップしていきましょう。

ツルハシの作り方や性能の違いは、以下の記事で解説しています。

幸運エンチャントのツルハシを使おう

幸運のエンチャントが付いた鉄以上のツルハシで採掘すると、レベル3のとき最大で4個までドロップする可能性があり、1つのダイヤモンド鉱石から平均で2.2個のダイヤモンドを入手できるようになります。

幸運を最優先で付け、それ以外は余裕ができたら付けていきましょう。鉄鉱石銅鉱石など他の鉱石を採掘するのにも有効です。

さらに余裕があれば、ダイヤモンド鉱石のないところは効率強化でサクサク掘って、ダイヤモンド鉱石は幸運で掘るといった具合に、ツルハシを使い分けるのがおすすめです。

エンチャント 優先度 理由
幸運 A 鉱石を掘ったときの最大入手量が増える
効率強化 B 採掘するスピードが上がる
修繕 B 経験値を吸うと耐久値を回復する
耐久力 B 耐久値が減りにくくなる

チャンクの境目を掘る

マイクラにおいて、あらゆるブロックはチャンク単位で生成される数が決められています。チャンクとは、ワールド全体を16×16に区切ったエリアのことです。

そのため、チャンクの境目をブランチマイニングすることで、2つのチャンクを同時に見ることができます。わずかですが、ダイヤモンド鉱石が見つかる確率も高まります。

また、それぞれ別のチャンクに生成されたダイヤモンド鉱石の塊が、チャンクの境目でくっついて巨大な塊になっていることもあります。

チャンクを確認する方法は、Java版なら「F3+G」を押すと黄色い線が現れますので、それに沿って掘るだけです。

Switchなど統合版では、普通の手段でチャンクを表示する方法はありません。座標を表示させた上で、X座標またはZ座標が16で割り切れる地点を直線上に掘り続けましょう。難しければ何も考えず、高さだけ意識して掘っても大丈夫です。

1マス掘りで高速&快適なブランチマイニング

ブランチマイニングとは、地下で効率よく鉱石(主にダイヤモンド)を掘れる高さを、枝分かれするようにまっすぐ掘っていく掘り方のことです。

ブランチマイニングは2マスの穴を掘って行うことが多いのですが、トラップドアを活用した1マス掘りとあるエンチャントを組み合わせることで、高速かつ快適にブランチマイニングを進めることができます。

多少の準備は必要ですが、ダイヤの入手効率もぐっと上がりますので、一度試してみてください。

ダイヤの効率よい使い道とは

ダイヤにはさまざまな使い道がありますが、鍛冶系の村人を育てることでかなりの数を節約することができます。詳しくは以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

まとめ

ダイヤは装備や道具、その他アイテムを作成する上で必要なアイテムですが、強力な分だけ入手の難易度は高くなっています。

とはいえ、掘るべき高さが分かれば効率よく入手することができますので、たくさん集めて武器や防具、道具をダイヤで揃えましょう。

スポンサーリンク