【マイクラ】土の道の作り方や使い道、特徴を解説。統合版はサバイバルで入手可能【Minecraft】

マインクラフト(マイクラ)で、農村の道のような雰囲気を出すのにピッタリのブロックが土の道です。

この記事では、土の道の作り方や入手方法はあるのか、使い道について解説します。土の道を活用してまちづくりをしたい人は参考にしてください。

スポンサーリンク

土の道の作り方

土にシャベルを使う

土や草ブロックなどの土系ブロックの上側や側面にシャベルを使うと、土の道に変化します。

土の道の入手方法

壊し方・適正ツール

土の道は、シャベルを使ったときに最も速く破壊できます。通常は土としてドロップします。

Switchなど統合版では、シルクタッチのエンチャントが付いた道具で破壊すると、土の道としてドロップします。

Java版では、サバイバルモードではどんな方法でも入手することはできず、土としてドロップします。

村に生成

土の道は、村に自然生成されます。

土の道の使い道・特徴

自然な道を演出できる

土の道の一番の使いどころは、人々が踏み固めて自然にできたような道の建築です。

イメージがわかないときは、村での使われ方が参考になります。

モブのスポーンを防ぐ

土の道には、モブのスポーンを防ぐ効果があります。

松明(たいまつ)などの光源を置くことなく敵の湧き潰しが可能なブロックには他に、ハーフブロックカーペットなどがあります。

これらをうまく活用することで、夜の安全性を確保しながら暗い雰囲気をかもし出すまちづくりが可能になります。

設置できないブロックがある

土の道の上には、松明やレッドストーンダストなど設置できないブロックがあります。

土に戻す方法

土の道の上に固体ブロック(プレイヤーが通過できないブロック)を置くと、土に戻ります。

まとめ

土の道は、自然な道を作るのに向いたブロックです。作るのも戻すのも簡単ですので、気軽に道を作ってみましょう。

スポンサーリンク