【マイクラ】模様入りの銅の入手方法や使い道を解説。工場にありそうな雰囲気【Minecraft】

2024年3月31日

マインクラフト(マイクラ)の1.21アップデートで追加される模様入りの銅は、工場にありそうな模様が特徴のブロックです。

この記事では、模様入りの銅の作り方や入手方法、使い道を解説します。拠点に設置したい人は参考にしてください。

スポンサーリンク

模様入りの銅の作り方

クラフトレシピ

切込み入りの銅のハーフブロック2個をクラフトすると、模様入りの銅が出来上がります。

切込み入りの銅のハーフブロックは同じ酸化状態(同じ色)の必要があり、その色の模様入りの銅がクラフトされます。

ただし、銅ブロックからクラフトするには

銅ブロック→切込み入りの銅→切込み入りの銅のハーフブロック→模様入りの銅

の手順で、銅ブロックから3回のクラフトが必要になるため、あまりおすすめはできません。

【おすすめ】石切台

模様入りの銅を加工するとき、作業台の代わりにおすすめしたいのが石切台です。

石切台を使えば、銅ブロック1個から直接、模様入りの銅4個に加工できます。

クラフト材料

銅ブロックの集め方や主な性質は、以下の記事を参考にしてください。(タップで解説記事へ)

模様入りの銅の入手方法

壊し方・適性ツール

模様入りの銅は、ツルハシで破壊したときのみアイテムとしてドロップし、破壊速度も最速です。ツルハシであればなんでもOKです。

トライアルチャンバーに生成

模様入りの銅は、1.21アップデートでオーバーワールドの地下に生成される構造物「トライアルチャンバー」にあります。

トライアルスポナーの床などに使用されていますので、ここから持ち帰ってもいいですが、先ほど解説した通り、銅ブロックを石切台で加工したほうがより多く入手できます。

模様入りの銅の使い道・特徴

色の変化を楽しめる

模様入りの銅は、他の銅系ブロックと同じように色が変化します。設置して時間が経過すると、3段階にわたって酸化して色が変化します。

ハニカムをクラフトしたり直接使ったりすると錆止めが行われ、それ以上色が変化することはありません。

また、を使ったり、雷が落ちたりすると、色の変化が元に戻ります。

装飾用

模様入りの銅を、アイテムのクラフトなどに使うことはありません。現時点では装飾目的にのみ存在するブロックです。

太い骨組みのような人工的な模様で、これまでの模様入りブロックにはあまりない雰囲気があります。工場など近現代的な建築に合いそうなブロックです。

まとめ

模様入りの銅は、装飾目的で使われるブロックです。工場など近現代的な人工物の雰囲気を活かし、他の銅系ブロックなどと組み合わせて1.21ならではの建築を楽しみましょう。

created by Rinker
ポプラ社
¥1,870 (2024/04/13 20:42:50時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク