【マイクラ】イグルーとは。見つかるバイオームやアイテム、謎の地下について解説【Minecraft】

2023年12月25日

マインクラフト(マイクラ)で雪や氷のある場所を訪れたとき、たまに見つかるのがイグルーというかまくらのような建物です。

この記事では、イグルーのあるバイオームや見つかるアイテム、地下の施設について解説します。

スポンサーリンク

イグルーのあるバイオーム

イグルーは、以下のバイオームの生成される可能性があります。

イグルーの構造

外観

イグルーは雪ブロックでできた半球の構造物です。

室内

ベッドや作業台、かまどなど、サバイバル初期に作る拠点のような内装です。

隠し通路

イグルーのうち50%は、カーペットの下にトラップドアがあり、はしごを降りると地下へと続いています。

地下

地下には村人と村人ゾンビが捕らえられており、チェストに金のリンゴなどのアイテムが、醸造台に弱化のスプラッシュポーションが入っています。

ただし、洞窟と重なるなどして生成が壊れていることもあり、その場合は村人がいないこともあります。

イグルーでやること

村人ゾンビを治療

村人ゾンビに弱化のスプラッシュポーションを投げた後に金のリンゴを与えると、数分後に村人に戻ります。

治療済みの村人が就職したとき、取引価格が割引されます。

チェストのアイテム

地下のチェストには、以下のアイテムが入っています。金のリンゴは必ず入っています。

村人を移動させるには?

地形にもよりますが、村人を連れ出すなら地上までの階段を作るのが無難でしょう。ただし、出る先の湧き潰しなど、十分な安全確保をしておきましょう。

イグルーは何のためにある?

イグルーは、レア感のある割に特別なアイテムはなく、なんのためにあるのかよく分からないと感じるプレイヤーも多いことでしょう。

地下がある場合、村人と村人ゾンビが捕らえられていること、看板に矢印が書かれていることから考察すると、プレイヤーにゾンビ治療の方法を教えるための建物なのでしょう。

マイクラはゲーム内でテキストによる説明が行われませんので、このような方法が取られていると予想されます。

あまりに謎が多いため、中には村人ゾンビの研究を行っていた施設ではないかなんて都市伝説っぽい話もありますが、公式には特にそのような設定はありません。

まとめ

イグルーは、特別にここにしか無いものがあるというわけではありませんが、ストレイなどに襲われたときの緊急の避難場所にはなるでしょう。

もし余裕があれば、ゾンビ治療をした村人とともに、一から新しい村を作ってみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク