【マイクラ】腐った肉の入手方法や使い道、効果を解説。実はエメラルド入手に便利なアイテム【Minecraft】

2024年2月2日

マインクラフト(マイクラ)でよく手に入る食材といえば腐った肉です。ただ、食べるとマイナスの効果もあるため、できれば食べたくないというプレイヤーも多いでしょう。

そうなると腐った肉は大量に余ることになりますが、実はこれをエメラルドというお宝に変えることもできます。

この記事では、腐った肉の入手方法や使い道、食べたときの効果などについて解説します。

スポンサーリンク

腐った肉の入手方法

腐った肉をあえて集めることはあまりありませんが、以下の方法で入手できます。

ゾンビ系のモブを倒す

腐った肉は、ゾンビ系のモブを倒したときに0~2個ドロップします。

ドロップ増加のエンチャントが付いた剣で倒すと、エンチャントレベルに応じて最大ドロップ数が増え、ドロップ増加3では最大5個ドロップします。

釣り

釣りをしたとき、1%の確率で腐った肉が釣れます。宝釣りのエンチャントがついた釣竿で釣ると、エンチャントレベルに応じて確率は減少します。

構造物のチェスト

ピラミッドなど、さまざまなチェストに高確率で入っています。

ネコ

なついたネコがプレイヤーの眠るベッドの近くにいるとき、70%の確率で贈り物をくれます。そのうち、約16%の確率で腐った肉が選ばれます。

腐った肉の使い道

非常用の食料

腐った肉は食べることができます。満腹度を4、隠し満腹度を0.8回復しますが、80%の確率で30秒間の空腹のステータス異常が発生します。空腹状態になると、何もしていなくてもお腹が空きます。

空腹時の満腹度の減少量は、10秒で0.25です。つまり、30秒では0.75減少することになります。空腹中にもう一度空腹の効果が発生しても効果は重複しませんが、時間は再度30秒からカウントされます。

他に食料があれば食べる必要はありませんが、複数食べても効果時間や効果の強さは蓄積されない特徴を活かせば、たくさん食べれば減少する分以上の満腹度を回復させることも可能です。

聖職者の村人と取引

聖職者の村人は、最初の段階の取引で、腐った肉をエメラルドと交換してくれます。職業ブロックは醸造台です。

ゾンビ化治療を繰り返して取引の価格を下げれば、エメラルドを大量に入手できるいい方法となるでしょう。

ゾンビトラップやゾンビピグリントラップの近くに聖職者を用意しておけば、効率よく腐った肉を消費することができます。

オオカミのえさ

懐いた大人のオオカミ2匹に腐った肉を与えると、繁殖モードに入り子どもが生まれます。魚や肉系の食料であればなんでもよいのですが、余りがちな腐った肉を消化できるのはメリットです。

また、腐った肉を食べることで体力が回復します。空腹状態になることもないので安心してください。

ゾンビピグリントラップで金や腐った肉を大量入手

金インゴットのついでに集まる

腐った肉をわざわざ集めることはありませんが、金インゴットを集めるために作成されるゾンビピグリントラップを回していると、ついでに大量の腐った肉が集まります。

金インゴットは、金のリンゴやネザライトインゴット、ピグリン交易などさまざまな使い道があり、効率良く集めるためにゾンビピグリントラップを作るプレイヤーが多くいます。

トラップ近くに聖職者を置いて効率化

腐った肉はそのついでに集まりますので、トラップの近くに聖職者を何人か置いておき、集まった腐った肉をエメラルドに変えれば、とても効率の良い施設になるでしょう。

トラップの作り方を解説した動画は、以下の記事で紹介しています。

まとめ

腐った肉を積極的に集めることはありませんが、聖職者との取引アイテムになったり、いざというときの食料になったりと、使い道は意外にしっかりと用意されています。

ただ捨てるのではなく、少しでも有効に使うことで、腐った肉を落としたゾンビたちもきっと報われることでしょう。

スポンサーリンク