【マイクラ】ジャック・オ・ランタンの作り方や明るさの範囲、使い道を解説【Minecraft】

2024年1月28日

マインクラフト(マイクラ)のブロックの中でも、個性的な光源ブロックとして人気があるのがジャック・オ・ランタンです。

この記事では、ジャック・オ・ランタンの作り方や使い道、光源としての性能を解説します。

スポンサーリンク

ジャック・オ・ランタンの作り方

クラフトレシピ

ジャック・オ・ランタンは、くり抜いたカボチャと松明(たいまつ)をクラフトして作ります。

クラフト材料

ジャック・オ・ランタンのクラフトに必要なアイテムの集め方は、以下の記事を参考にしてください。(タップで解説記事へ)

ジャック・オ・ランタンの壊し方・適正ツール

ジャック・オ・ランタンは、素手やどんな道具で壊してもアイテムとして入手できます。斧で壊すのが最速です。

ジャック・オ・ランタンの使い道

明るさ15の光源

ジャック・オ・ランタンは、明るさ15の光源となります。置いたマスを含め、直線に15ブロック分は一般的な敵モブが湧くことはありません。(画像の内側部分)

マイクラの光源の中では、シーランタンフロッグライトなどと同じ最高レベルの明るさです。水中にも設置できるため、ドラウンド(溺死ゾンビ)の湧き潰しにも使えるでしょう。

ゴーレムの作製

T字に積んだ鉄ブロックの上にジャック・オ・ランタンを置くと、アイアンゴーレムが生まれます。

縦に2つ積んだ雪ブロックの上にジャック・オ・ランタンを置くと、スノーゴーレムが生まれます。

なお、どちらのゴーレムも、くり抜かれたカボチャでも作ることができ、そちらの方が材料としては簡単です。(統合版はカボチャでもOK)

まとめ

ジャック・オ・ランタンは、主に光源として使用されるブロックです。かなり個性的なため使う場所は選ぶのですが、ハロウィンや魔法使いの家のような雰囲気を出せる面白いブロックですので、有効に使ってみましょう。

スポンサーリンク