【マイクラ】ピラミッドの隠し部屋(秘密の部屋)の見つけ方。怪しげな砂からレアアイテムをゲットしよう【Minecraft】

2023年12月20日

マインクラフトのバージョン1.20では、考古学要素として怪しげな砂や怪しげな砂利が追加されました。ブラシを使うことで、鍛冶型や壺の破片、スニッファーの卵などが出現します。

それに合わせて、ピラミッド(砂漠の寺院)には隠し部屋が追加され、怪しげな砂がたくさんある部屋が見つかるようになりました。

この記事では、ピラミッドの隠し部屋の探し方や怪しげな砂から見つかるアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

ピラミッド(砂漠の寺院)とは

砂漠バイオームに生成される大きな建物です。砂漠バイオームは、メサ(荒地)と海岸の間に生成されることが多いバイオームで、サボテンや枯れ木が目印です。

基本的な構造や見つかるお宝、罠の避け方などピラミッドの探索方法は以下の記事で解説しています。

ピラミッドの隠し部屋(秘密の部屋)の探し方

ここがピラミッド中央の部屋です。一見すると今までと同じように見えますが…

バージョン1.20から後に生成されたピラミッドには、部屋の端のほうに怪しげな砂が見えている部分があります。隠し部屋はこの下に広がっています。

隠し部屋は5×5の広さがあります。怪しげな砂にブラシを使ってアイテムを探しながら、下へと掘り進めましょう。

ブラシの作り方や使い方はこちらで解説しています。

ピラミッドの怪しげな砂から見つかるアイテム

ピラミッドの怪しげな砂からは、以下のアイテムが見つかります。確率はすべて同じで12.5%です。

統合版の「陶磁器の欠片」の名称は、1.20.1アップデートでJava版と同じ「壺の欠片」に変更されそれぞれの欠片の名称も統一されました。

壺の欠片はここでしか入手できない模様となっています。これ以外の模様の探し方は以下の記事を参考にしてください。ブラシの使い方も解説しています。

ピラミッドの隠し部屋がない理由

ピラミッドを探しても、隠し部屋が見つからないこともあります。その原因として以下の2つが考えられます。

1.20より前に生成されたピラミッドである

隠し部屋はバージョン1.20から生成されるようになった要素です。それより前のバージョンでピラミッドが生成されていた場合、隠し部屋は存在しません。

1.20より前に行ったことのないエリアでピラミッドを探しましょう。

生成上の問題

低確率ですが、他の構造物の生成と重なったり、なんらかの生成エラーが発生した場合は、隠し部屋がない可能性もあります。

諦めて次のピラミッドを探しましょう。

まとめ

ピラミッドの隠し部屋は、似たような色のブロックの周りに隠れているため、よく探さないと見つからないかもしれません。

ここで見つかる壺の欠片はピラミッド限定の模様となっていますので、これからはピラミッドを見つけたらチェストのお宝だけではなく隠し部屋も探してみましょう!

スポンサーリンク