【マイクラ】ボートの作り方や乗り方・降り方、操作方法を解説。陸上で段差を超えるには?【Minecraft】

2024年3月30日

マインクラフト(マイクラ)で広大な海や長い川を移動するとき、ボートがあれば冒険は快適なものとなります。

この記事では、ボートの作り方や種類、活用方法を解説します。うまく操作できない人は参考にしてください。

スポンサーリンク

ボートの作り方

クラフトレシピ

ボートを作るには、同じ板材5つを作業台で以下のように並べてクラフトします。Switchなど統合版でも、シャベルは不要になりました。

板材の集め方

ボートのクラフトに必要な板材の集め方は、以下の記事を参考にしてください。(タップで解説記事へ)

ボートの種類

ボート(通常)

ボートは板材(木の板、木材)の種類ごとに見た目が異なるものがクラフトできます。2人乗りで、プレイヤーやMobを運搬することができます。

竹のみ「竹のイカダ」という名称で形状も異なりますが、機能としては他のボートと同じです。

チェスト付きのボート

チェストとボートをクラフトすると、チェスト付きのボートが出来上がります。

チェスト一つ分のインベントリを備えたボートで、一人乗りとなります。破壊するとチェストの中身が飛び出します。

より多くのアイテムを持ち運びできるようになり、海の冒険がより便利なものとなるでしょう。ホッパーの上下を通ることで、アイテムの出し入れも可能です。

ボートの操作方法

ボートの設置

ボートを水面や地面に向かって設置する操作をすると、置くことができます。他のアイテムやブロックと同じです。

ボートの回収・適正ツール

ボートは素手で叩いてもアイテム化して回収できます。剣や斧などで4以上のダメージを与えると、一撃でアイテム化します。

ボートの乗り方・降り方

ボートに向かって使用する操作をすることで乗ることができます。降りるときはスニークの操作をします。

ボートを動かす・視線変更

ボートに乗船中は、上下左右の操作で移動できます。乗りながら視線を動かすこともできますが、曲がるときは視線を前方に固定したほうが操作しやすいでしょう。

ボートがまっすぐ進まない原因は?

ボート初心者がうまく操作できない多くのパターンは、視線が別の方向を向いていることにありますので、まずは視線を前方に向けてからボートを操作してみましょう。

ボートの使い道

陸上も運転可能

基本は水上を移動するものですが、陸上でもスピードは遅いですが運転可能です。村人のようにリードにつなげないモブを運ぶときなどに便利でしょう。

モブを運ぶ

自分の拠点にモブを運びたいとき、海が広がっている場合はボートを使うのが楽です。

村人や動物など多くのモブはボートに乗せることができ、ネザーゲートを使うよりも安全に運搬できます。

ただし、ラクダやウマのような幅の大きいモブはボートに乗りません。パンダはセーフ。この状態でもちゃんと乗って操作できます。

敵モブを捕らえる

敵モブがボートのある位置を通るとボートに乗ります。一度乗ってしまえば、一部を除きボートを壊さない限り抜け出すことはないため、一方的に攻撃できます。

この方法はエンダーマンを捕らえるのによく使われますが、Swtichなど統合版では攻撃するとワープで抜け出してしまいますので注意しましょう。

ピストンを使って段差を超える方法

陸上を移動する場合、上に登る段差はそのままでは超えられません。

一つの方法として、ピストンとボタンを使ってボートごと持ち上げるものがあります。以下の画像のようにピストンとボタンを設置し、ボートでピストンの上に乗ります。

ボタンを押すとピストンが上がりますので、ピストンが下がる前にボートを前に動かしましょう。

ボートの移動速度 | 青氷が最速

水の上をボートで移動するスピードは、1秒あたり8ブロック分です。それに対し、氷系のブロックの上を移動するときにはその数倍のスピードが出ます。

特に青氷の上では、水上の9倍以上のスピードになります。

走る場所 ボートの速度
陸上 2ブロック/秒
8ブロック/秒
氷塊、薄氷 57.1ブロック/秒
青氷 72.7ブロック/秒

落下ダメージを防ぐ(例外あり)

ボートに乗ったまま高いところから落ちると、通常はダメージを受ける状況であってもそれを回避することができます。

山岳や渓谷、ネザーなどで安全に下に移動するのに大変有効な手段です。

ただし、2、13、49、51、111、114、198、202、310、315ブロックの高さから落下した場合はボートが破壊されダメージを受けるというバグがあります。

【統合版限定】リードをつなげて持ち運び、エリトラ飛行も可能

Switchなど統合版限定で、リードをボートにつなぐことができます。この方法を使えば、モブを高所に持ち上げることができます。

距離を保ちながら飛ぶなどのコツは必要になりますが、このままエリトラで飛ぶこともできます。

まとめ

ボートは主に水上移動するときに欠かせないアイテムです。

エリトラのほうが便利ではあるものの、ボートならサバイバルモードを始めてすぐに作れますし、水中の建物やモブを探すにはボートのほうが都合がいいことも多いので、有効に活用してください。

スポンサーリンク